経口避妊薬は太ると言われているが低用量ピルなら安心

高い避妊率を誇る経口避妊薬のピル、毎日忘れることなくきちんと服用していれば、コンドームが破れていても、途中ではずれてしまっても、誤って妊娠してしまうという事故を防ぐことができ、女性が傷つくことがありません。諸外国では、女性が経口避妊薬を服用して避妊対策を取ることは当たり前のこととして浸透していますが、先進国の一つでもある我が国日本においては、こういった点ではまだまだ遅れており、ピルを使っている女性は遊んでいるなど、馬鹿げた考えを持つ男性も多く、女性側も興味はあるもののそういった偏見が嫌で、なかなかチャレンジできないままだという方も少なくないようです。こういった風評に加えて、ピルを飲むと太るという噂も多く、ダイエットを常に意識している女性に取ってみれば、太るものはなるべく避けたいと考えるのも無理はなく、躊躇してしまっている方が多いのも事実です。しかし最近流通している経口避妊薬は、低用量ピルが大半で、太る、むくむ、吐き気がするといった副作用は、ほとんど見られなくなっています。従来日本で使用されていたピルはもっとホルモン量が多いものだったので、どうしても服用することによって身体に変調をきたしてしまうことも多かったようですが、低用量が解禁されるようになってからは、そういった問題があまり聞かれなくなっています。しかし低用量といえども、ピルを服用することによって、身体を妊娠しているのと同じ状態に持っていくことは変わりはないので、妊娠すれば食欲が増すのは自然の流れなので、低用量ピルでも食欲が増進してしまうという女性もいるので、食事管理は意識して行うようにし、食べすぎないようにしていれば心配ありません。