性行為痛と下腹部の痛みを緩和する経口避妊薬

女性の多くの人が性行為痛や下腹部の痛みを感じることがあるといわれています。親しい人との体による親密な交わりとなる性行為も痛みがあると辛いものですし、次第に避けがちになってしまいます。性行為痛のために相手と感情のすれ違いが起こりえますし、場合によっては疎遠な関係になりかねません。ですので、互いの親しい関係を維持し深めるためにも性行為痛を改善することが必要です。痛みを緩和するために経口避妊薬が効果があるとされています。経口避妊薬は日本において一般にピルと呼ばれています。ピルというと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、世界中の女性が避妊や婦人病の治療などのために使っているもので、日本においても経口避妊薬のピルの効果を知り、使う女性が増えてきています。経口避妊薬は、望まない妊娠を回避するという目的だけではなく、月経にまつわるトラブルの改善や婦人病の予防と治療の目的でも使われている薬です。経口避妊薬の成分は黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれていて、女性ホルモンのバランスを整えて様々な不快な症状の緩和に役立ちます。性行為痛の原因としては子宮内膜症や更年期などが考えられます。子宮内膜症を患っている女性は、下腹部部の痛みと性行為痛、過多月経、不正出血があることが多く治療薬として経口避妊薬が処方されることが多いといわれています。性行為痛や下腹部の痛みの原因には、更年期があります。その時期になると女性ホルモンの減少で、膣の分泌液の減少で潤いがなくなり性行為痛を感じます。また、ホルモンのバランスが崩れるために、卵巣機能が衰えることでめぐりの乱れが起きて下腹部が痛くなるといわれています。経口避妊薬はホルモンバランスを整える作用がありますので、そうした辛い症状を和らげる効果が期待できます。